腕時計が狂っていて発生したトラブル

今は携帯やスマートフォンで時刻を確認することが多くなったので、腕時計を身につける機会はかなり少なくなってきています。

腕時計が狂っていて発生したトラブル

今は携帯やスマートフォンで時刻を確認することが多くなっ・・・

今は携帯やスマートフォンで時刻を確認することが多くなったので、腕時計を身につける機会はかなり少なくなってきています。
私が学生の頃は、まだ携帯はあまり普及していなかったので、必然的に時間を確認するのは腕時計ばかりで、お出かけの時には必ず時計をしていました。
私には愛用の時計があって、それをここぞというときには付けていました。
古い時計で、祖父からのプレゼントでとても大事にしていたのです。
それを身につけて、大好きだった人とデートに行くことになりました。
前日からドキドキ。コーディネートもしっかり考えて、しかしいざデートの待ち合わせ時間になってもいないのです。
慌てて公衆電話から彼の自宅に電話すると、まだ家にいました。

私の腕時計が早く進んでいて、待ち合わせよりも早く来てしまったのです。
トラブルといえばトラブルですが、それでリラックスできて落ち着いて彼を待つことができました。
いま思い出しても懐かしい、ほのぼのした思い出です。

ケータイやスマホでも時間の確認はできます・・・[男性 38歳]

ケータイやスマホでも時間の確認はできます。
しかしそれらは通話やメールをはじめ、さまざまな機能があるので、使用するのにふさわしくない場合があります。
私は資格取得をしてキャリアを形成するようにしています。そのためには研修だけでなく、試験を合格しないといけないケースもあり、試験当日はケータイやスマホが使えなくなるので、時間の確認は腕時計を頼るようになります。その腕時計が狂っていると、試験開始の時間に遅れてしまったり、ペース配分を間違えたりすることになってしまいます。
遅刻した経験はありませんが、腕時計が5分程度遅れていたために試験の半ばからあわてて回答をし出したことはあります。じっくりと時間を割いて考えようとしていた問題や見直しの時間を十分に作れなかったことは、やはり点数に響いていました。
試験は合格こそできていましたが、点数が独り歩きしてその人の実力のようにみなされてしまいます。腕時計が狂っていたというのは、試験以前のことであまりいい言い訳としては使えません。

ピックアップ

  • バイク便での配送をご希望の方はこちらのサイト。

Copyright (C)2014腕時計が狂っていて発生したトラブル.All rights reserved.